永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm) | 山秀
 

トップ > ファクトリーナイフ > 肥後守 Higonokami > 永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm)

永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm) 永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm) 永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm)
永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm) 永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm) 永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm)
拡大画像

永尾かね駒製作所 肥後守(ひごのかみ) 特別手造り鍛造 真鍮 大(100mm)

日本で戦前から使われていた折込式刃物(ナイフ)。

BUCK#110等のように刃を開いた際に刃を自動的に固定するロック機構はありませんが、使用時には「チキリ」と呼ばれる峰部分からカシメ後方に伸びた突起部分を親指で押さえることでブレードを固定することが出来ます。

現在、肥後守とは兵庫県三木市にある永尾かね駒製作所の登録商標となっております。
この形状のナイフの製造が始まったのは1890年代と考えられています。 単純な構造のためほとんど壊れる所が無いため、長く使用出来きます。
1950年代後半頃からは鉛筆を削る文房具の一つとして子どもの間で広く愛用されたことで知られています。

やがて鉛筆削り器やカッターナイフの普及により文房具としての姿は少なくなり ましたが、 日本の刃物を代表する名作“肥後守”は今でも兵庫県の職人の手により生み出され多くの人々に愛される刃物です。

特別手造鍛造モデルは、明治二十七年から続く永尾かね駒製作所の五代目 永尾光雄 氏による品で、刃体は青紙の割込です。刃の厚みが4mmあり重厚感があります。

全長:約180mm
刃長:約80mm
刃厚:約4mm
商品コード : hig0003
価格 : 6,875円(税抜6,250円)
ポイント : 68
数量
 

2万円以上で配送料無料!

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー


  ニックネーム : 評点 :
内容 :

※「名前」について入力の名前が公開されますので不都合のある方は「ペンネーム」をご入力下さい。
 

レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ

 


Amazonアカウントでログイン

 


>> about International shipping (English)   >> 海外発送案内(日本語)はこちら