カスタムナイフ・日本,多田 宗平 Souhei Tada | 山秀
 

トップ > カスタムナイフ・日本 > 多田 宗平 Souhei Tada

多田 宗平 Souhei Tada

多田宗平氏は、1954年生まれ徳島県在住、フルタイムのカスタムナイフメーカー。1991年よりナイフ制作を開始。相田義人氏、吉川英治氏に師事。ロン・レイクのトリビュートナイフを中心にオリジナルの作品も制作する。

当初はシースナイフを制作していたが、ロンレイクのナイフに興味を持ち、自らナイフの制作機械を設計施工、その機械をもってフォールディングナイフの制作を開始する。

インターフレームの窪みをミニフライスで削るなど手作業にこだわりを持つナイフメーカーです。

2001年第17回JKGカスタムナイフコンテストフォールディングナイフ優秀賞受賞、2003年第19回JKGカスタムナイフコンテスト藤本保広メモリアル賞受賞、2003年第12回オールニッポンナイフショウ優秀賞受賞、2005年第14回オールニッポンナイフショウ優秀賞受賞、2011年第20回オールニッポンナイフショウ堺市長賞受賞。


Born in Tokushima, Japan in 1954, he has been a custom knife maker since 1991 following Eiji Yoshikawa and Yoshito Aida, prominent knife makers. He has crafted many tribute knives for Ron Lake as well as of his own.

He started his career with knife sheath making, but then he became interested in Ron Lake which led him to make his own equipment to make folding knives. He is a craftsman who has a commitment to manual work such as sharpening the interframe dent with mini milling cutter.

He won a number of awards in various knife contests such as the 17th and 19th JKG Custom Knife Contests, Yuihiro Fujimoto Memorial Award 2003, the 12th, 14th and 20th All Nippon Knife Show, among others.

全7件

ページトップへ

 


Amazonアカウントでログイン

 


>> about International shipping (English)   >> 海外発送案内(日本語)はこちら